ニューヨークのプロスポーツ観戦

◆ニューヨークで観るスポーツ(年間表)

メージャーリーグ (MLB:Major League Baseball)

photo

試合時間:9イニング (延長戦は時間制限なし)

アメリカのスポーツ史には欠かせない、メジャーリーグベースボール。ナショナルリーグとアメリカンリーグを合わせて30チームで構成されています。毎年4月から始まるレギュラー シーズンでは、それぞれのチームが162試合をこなし、その後、各地区の勝率1位の3チームと、ワイルドカードを獲得した2チームでポスト・シーズンを行い、その年のチャンピオンを決めます。

チケット

地元開幕戦などの特別試合は、チケット購入が困難になりますが、通常、特別席でなければ、チケットブースで当日チケットを購入することが可能です。値段は対戦相手によって変わります。ダフ屋からの購入は日付けを確認するなど、注意が必要。前売りチケットは、チケットブース、チケットマスター、クラブハウスなどで購入可能です。

ヤンキース・クラブハウス

245 W. 42nd St. (bet. 7th & 8th Aves.) 212-768-9779
110 E. 59th St. (at Park Ave.) 212-758-7844
393 5th Ave. (bet. 36th & 37th Sts.) 212-686-1070
1501 Broadway (at 43rd St.) 212-302-1320
745 7th Ave. (at 49th St.) 212-391-0360

メッツ・クラブハウス

11 W. 42nd St. (bet. 5th & 6th Aves.) 212-768-9534

ニューヨーク・ヤンキース New York Yankees

photo

1903年の結成から、ワールドシリーズ制覇27回、リーグ優勝40回を数えるメジャー屈指の名門。ベイブ・ルースをはじめ、ジョー・ディマジオ、ミッキー・マントルズ、レジー・ジャクソンなど、歴史に残る名選手が大勢活躍したチームです。また、現在もキャップ等で使用されている“NY”のロゴはティファニーのデザイン。歴史あるヤンキースタジアムから、同じ敷地内に開設した新球場に移った2009年は、リーグ優勝とワールドシリーズのチャンピオンに輝きました。この時、日本人で初めて松井秀喜がMVPを獲得しました。現在は、カーステン・チャールズ・サバシア、田中将大、アレックス・ロドリゲス、ネーサン・イオバルディなどのスター選手も健在ですが人気選手が活躍。2015年は地区優勝に輝いています。

ヤンキー・スタジアム(Yankee Stadium)
1 E. 161st St., Bronx ( at River Ave. )
718-293-4300 (スタジアム)
718-293-6000 (ヤンキーズ・インフォメーション)
地下鉄: → 161 St
www.yankees.com

ニューヨーク・メッツ New York Mets

photo

1962年に創立。ニューヨーク、クイーンズ地区にあるシティ・フィールドを拠点としている。当初はお荷物球団として扱われていたものの、1969年に初の地区優勝を飾り、その勢いが衰える事無くワールド・シリーズ・チャンピオンにまで登りつめました。ここ数年は補強などで戦力を整えていましたが、2015年にはついに15年ぶりのワールドシリーズ進出するも惜しくも敗退。現在は南米出身の選手が中心となっています。日本からは過去に新庄剛志、松井稼頭央、野茂英雄などが在籍し、元ロッテのボビー・バレンタインが監督を務めた事もあって、日本人にとっては馴染みの深い球団の一つです。

シティ・フィールド(Citi Field)
120-01 Roosevelt Ave., Flushing
718-507-METS (スタジアム)
718-507-TIXX (メッツ・インフォメーション)
地下鉄: → Mets-Willets Point

www.mets.com

バスケットボール (NBA:National Basketball Association)

photo

試合時間:12分 × 4クォーター

アメリカ・カナダを拠点とするプロバスケットボール・リーグとして、1946年に設立されました。現在30チームがあり、10月下旬から4月のレギュラーシーズン中、各チーム82試合をこなし、その後プレイオフへと進みます。6月の優勝チーム決定戦「NBAファイナル」は、数億人が観戦すると言われるほどの人気。セントラル地区、サウスイースト地区、アトランティック地区と3地区に別れていて、ニックスが所属するアトランティック地区には、ボストン・セルティックス、ブルックリン・ネッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、トロント・ラプターズなどがあります。

チケット

人気が高く、観戦客数に限りがあるため、当日チケットは入手困難です。前売りチケットは、チケットマスター等で購入できます。

ニューヨーク・ニッカーボッカーズ
(ニューヨーク・ニックス)
New York Knickerbockers (NY Knicks)

photo

映画監督スパイク・リーも熱狂的なファンで、多くのニューヨーカーを魅了するチーム。ニックスというのは通称で、本当のチーム名はニッカーボッカーズ。オランダからの移民労働者が履いていた、膝までがゆったりしたズボンのことで、後にニューヨーカーの象徴になったといわれています。1970年にリーグ最高の60勝22敗の成績をおさめ、プレイオフでは初のNBAファイナルを果たしました。その翌々シーズンには再び優勝するものの、その後は低迷期に入ります。2014年にはフォアードのカーメロ・アンソニーが活躍するも迷走は止まらず、ジェフ・ホーナセックをヘッドコーチに迎えた2016年も連敗がかさむ結果となり、今後の巻き返しに期待がかかっています。

マジソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)
4 Pennsylvania Plaza
212- 465-MSG1 (マジソン・スクエア・ガーデン)
212- 465-JUMP (ニックス・ホットライン)
LIRR, NJ Transit → Penn Sta.
地下鉄: → 34 St - Pen Sta.
www.nba.com/knicks

ブルックリン・ネッツ  Brooklyn Nets

photo

ニューヨーク・ブルックリンのNBAチーム。2012年まではニュージャージー・ネッツ、さらに昔はニューヨーク・ネッツという名前で、ABA(アメリカン・バスケットボール・アソシエイション)に属していたことも。2012年に本拠地をニュージャージーからニューヨーク・ブルックリンに移し、チーム名も改称。2014年には数年ぶりに準決勝進出を果たすなど復活の兆しを見せたネッツ。 2015年-2016シーズンは現在の衰弱に歯止めをかけるため新GMにショーン・マークス、アシスタントGMにトラジャン・ラングドンを任命し、再建に力をが入りこれからの活躍が期待されます。

バークレー・センター(Barclays Center)
620 Atlantic Ave., Brooklyn
917-618-6700 (バークレー・センター)
LIRR → Atlantic Terminal
地下鉄: → Atlantic Ave.
www.nba.com/nets

フットボール (NFL:National Football League)

photo

試合時間:15分 × 4クォーター

アメリカでは絶大な人気を誇る国民的スポーツ。120ヤードと53.4ヤードの大きな球場で行なわれます。ナショナルフットボール・カンファレンス(NFC)、アメリカンフットボール・カンファレンス(AFC)に分かれ、現在32チームが存在しています。レギュラーシーズンの試合は9月第1月曜日のレイバーデーからクリスマスの後、もしくは1月まで、ほぼ毎日曜日に行われます。1月からはプレイオフがスタート。2月上旬に行なわれる王座決定戦「スーパーボウル」は、アメリカ国中が試合中継に熱中する一大イベントです。今年は、テキサス州ヒューストンのNRGスタジアムで行われ、ペイトリオッツが大逆転勝利の末、ファルコンズを破り、5度目のリーグ・チャンピオンに輝きました。ゲームのハーフタイムに行なわれる華やかなショーも毎年話題です。

チケット

人気が高い上、観戦席数が限られているので、スタブハブやチケットマスターなどで前売りを入手するのがよいでしょう。

ニューヨーク・ジャイアンツ New York Giants

photo

ナショナルフットボール・カンファレンスのイーストに所属するNFLで4番目の歴史を誇る古参チーム。1925年にNFLに加入した5つのチームのうち既存するたった1つのチームです。近年は低迷の中2014年シーズンから加入した WRオデル・ベッカムのダラス・カウボーイズ選での快挙などのような好調な選手の活躍が待たりれ、また、2015年シーズンより新HCにベン・マカドゥーがオフェンスコーディネーターより昇格し、期待されています。チーム名は、1925年創設当時ニューヨークにフランチャイズを置いていたMLB「ニューヨーク・ジャイアンツ」から拝借。2013年以来地区3位にとどまっています。

メットライフ・スタジアム(MetLife Stadium)
1 MetLife Stadium Dr., East Rutherford, NJ
201-559-1500
201-935-8222 (ジャイアンツ・インフォメーション)
Port Authority(バス) → Meadowlands Sports Complex
www.giants.com

ニューヨーク・ジェッツ New York Jets

photo

アメリカンフットボール・カンファレンスのイーストに所属。1960年創設で、タイタンズという愛称で親しまれていましたが、1963年にジェッツと改名。ニューヨークエリアのチーム、メッツ、ネッツと韻を踏み、チーム繁栄の願いをこめて付けられたそうです。2015年からアリゾナ・カーディナルスの守備コーディネーターのトッド・ボウルズがヘッド・コーチに就任 。2017年には新コーチのもと、歴史あるチームの活性化が期待されています。メットライフ・スタジアムをジャイアンツと併用しています。

メットライフ・スタジアム(MetLife Stadium)
1 MetLife Stadium Dr., East Rutherford, NJ
201-559-1500
800-469-JETS(5387) (ジェッツ・インフォメーション)
Port Authority(バス) → Meadowlands Sports Complex
www.newyorkjets.com

アイスホッケー (NHL:National Hockey League)

photo

試合時間:20分×3ピリオド

アメリカ4大プロスポーツの一つ。長い歴史を持つアイスホッケーは、スピードと技をかけた競技で、「氷の格闘技」ともいわれています。プロアイスホッケーリーグとして創立されたのは1917年。現在北米に23、カナダに7の計30チームで構成されています。10月から4月のシーズンに、82試合が行なわれます。5月のNHLの王座決定戦は、「スタンレーカップ・ファイナル」と呼ばれています。

チケット

観戦席に限りがあり、入手困難なので、チケットマスターか、ボックス・オフィスで前売りを。

ニューヨーク・レンジャース New York Rangers

photo

1926年創設の名門チーム。マディソンスクエア・ガーデンを本拠地としています。通算4度スタンレーカップを手にしていますが、1994年度の劇的な優勝以来低迷が続きました。2000年代前半には豊富な資金力を活かし、有能な選手獲得に力を注ぎ、20年ぶりの決勝進出を決めた2014年のスタンレーカップでは惜しくもロサンゼルス・キングスに敗退。期待のかかった2016年は東カンファレンスの準々決勝まで進めたもののオタワ・セネタースに奇しくも敗れてしまいましたが、大いにニューヨークの街を盛り上げてくれました。

マジソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)
4 Pennsylvania Plaza
212-465-MSG1
212-465-6000(レンジャース・ホッケー・クラブ)
LIRR, NJ Transit → Penn Sta.
地下鉄: → 34 St - Penn Sta.
www.newyorkrangers.com

ニューヨーク・アイランダース New York Islanders

photo

1972年創設。ロングアイランドにあるナッソー・コロシアムが本拠地でしたが2015-2016シーズンからは本拠地がブルックリン・ネッツも使用しているバークレーセンターに移りました。80年代にスタンレーカップ4連勝と黄金期を迎えましたが、主力選手の引退などでその後混迷機に入りました。1993年には復活の兆しが見えるも、オーナー権の不安定とも重なり、長くは続きませんでした。 新しい本拠地に移り、今後が期待されています。

バークレー・センター(Barclays Center)
620 Atlantic Ave., Brooklyn
917-618-6700 (バークレー・センター)
844-334-7537 (アイランダース・チケット・オフィス)
LIRR → Atlantic Terminal
地下鉄:: →Atlantic Ave.
www.newyorkislanders.com

USオープン・テニス 〜 ニューヨークで観戦できるもう一つのスポーツ

photo

テニスのグランドスラムの一つ、USオープン・テニスは毎年8月最終月曜日から2週間のスケジュールで行われる、世界最大のテニストーナメントです。ニューヨークのクイーンズ地区にあるフラッシング・メドウズ・コロナ・パークが会場となり、毎年たくさんのテニスファンが世界中から集まって来ます。2016年の男子シングルス決勝ではスタン・ワウリンカ(スイス)が、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が逆転で大会初優勝、また女子シングルスでもアルジェリック・ケルパー(ドイツ)がカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を破り初優勝を飾りました。世界中の有力な選手が集まるこのトーナメント、今年もたくさんのドラマを見せてくれることでしょう。

USTA ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター (USTA Billie Jean King National Tennis Center)
Flushing Meadow - Corona Park
718-760-6200
地下鉄: → Mets-Willets Point
www.usopen.org