医者 - Doctors 弁護士 - Lawyers 会計士 - Accountants & Bookkeepers
新着情報  新着情報  新着情報 
総合病院
Hospitals
有罪の記録と移民ステータスへの影響について
The Criminal Record's Databases in U.S.
日本語の通じる会計士・税理士・経理士
Japanese Speaking Accountants & Bookkeepers
日本語の通じるドクター
Japanese Speaking Doctors
ビザと永住権について
Visa & Permanent Residence Information
会計士・税理士・経理士リスト
Accountants & Bookkeepers List
ドクターズリスト
Doctors List
飲酒運転について
How to deal with DWI charge
アメリカで確定申告
Tax Return Questions & Answers
医療用語
Medical Terms
スモール・クレームス・コート
Small Claims Court
人材派遣 - Employment Agencies
24時間営業の薬局
24-hour pharmacies
日本語の通じる弁護士
Japanese Speaking Lawyers
日本語の通じる人材紹介・派遣会社
Japanese Speaking Employment Agencies
医療表示換算表
Medical Converter
弁護士リスト
Lawyers List
人材紹介・派遣会社リスト
Employment Agencies List
役立つ健康と医療の知識
Useful Guide of Health &
Medicine

ニューヨークでビジネスを始めよう!
How to Start Business in New York
履歴書とカバーレター
Job Applications: Writing a Resume & Cover Letter
1) アメリカのポピュラーな市販薬
Over-the-counter medicines in the U.S.
2) 身体に役立つビタミンの知識
Useful information of Vitamins
3) ヒプノセラビー
Hypnotherapy
4) カイロプラクティック
Chiropractic
5) 口腔がんとは?
Cancer of oral cavity and oropharynx

スモール・クレームス・コート(小額裁判所制度)

アメリカでは裁判が日常茶飯事!それこそ家賃のことから、お金の貸し借りまでなんでも裁判に持ち込みます。日本人の感覚では、裁判はお金もかかるし時間もかかるというイメージが強いため、なんだか考えているだけで大変そうです。日本人を狙った犯罪なども増えてきている中、何かあったときに泣き寝入り、なんてことになる人が多いのではないでしょうか。いざとなったときのために、自分を守るために、心に留めておくと安心です。

スモール・クレームス・コートとは?

  • スモール・クレームス・コートとは、民事起訴のための機関であり、小額なお金の絡む訴訟のみが行われます。最高起訴金額は5,000ドル。手間、時間、費用を最小限に抑えて起訴を起こすことができます。18歳以上なら誰でも手続きをする事ができ、プロセスも簡単。
  • *現在の所、ネットでの電子ファイリングは行っていませんが、業者を通してであれば可能。スモール・クレームスコートのウェブサイトに利用出来る業者が記載されています。業者によって条件等に違いがあるので、内容をよく読んでファイルすることをお勧めします。

訴訟のプロセス

  • 関連書類を用意し、被告の住む地域、又は職場のある地域の管轄のスモール・クレームス・コートに出向き、言い分を申し立てます(民間の業者がオンラインでの申し込みを受付)。
    事務手数料は、訴訟金額が
    1,000ドル未満なら15ドル
    1,000ドル以上なら20ドル
    になります。
    このときに裁判所にいるボランティアの弁護士からアドバイスを受ける事もできます。弁護士については、個人的に雇う事もできますが、雇う必要は基本的にありません。
  • 被告には後日起訴状と裁判の日程、大まかな概要が書かれた手紙が送付されます(原告にも同様の手紙が送付されます)。
    裁判の前までに、原告は契約書、写真、領収書、明細書などの全ての必要書類を揃えておきます。
    目撃者や第三者の証言が必要な場合は、連絡を取り出廷してもらう様に交渉します。
  • 裁判は基本的に夜に行われますが、指定された時間に都合が付かない人は昼にも変更が可能です。
    当日は、少なくとも30分前には必ず出廷してください。当事者が遅れると、その訴訟が取り下げられてしまったり、また、被告が遅れた場合は、さらに被告側の非が大きくなることもあり得ます。
  • 示談
    示談では、事前の調停人や裁判官による審問はなく、原告と被告がお互いに合意した支払い内容等を紙に書き出し、署名をします。多くの人が示談を選択していますが、その理由としては、裁判よりも早く結果が出ると同時に確実に解決できるからです。このとき結ばれた契約は、法律に基づいているため、よく契約内容を読み、間違えがないか、きちんとその契約書通りに出来るか等の、確認をしっかり行って下さい。
  • 調停人
    調停人とは、特別にトレーニングされた小額裁判の判決が出来る経験豊かな法律家のことです。調停人の良い点は、応対出来る調停人がたくさんいるため、早く原告の主張を伝える事が出来ることです。調停人は裁判官が用いるのと同じ法律が適用されますが、調停人の判決は公認記録がないため、上訴をすることは出来ません。しかし、調停人による裁判が録音されたものや、報告書などがあれば、証拠として裁判で上訴することが出来ます。
  • 裁判官
    裁判官による裁判を希望する際には、自分の名前が呼ばれた時、"BY THE COURT"と伝えます。裁判を希望した場合は裁判官に主張を聞いてもらうまで時間がかかったり、時にはその日中に裁判官に会えない場合もあります。その際は再度、別の日に出廷するか、代わりに調停人を選ぶ事になります。

審理の日に被告が現れず、原告が十分な証拠を提出した上、その主張が認められた場合には、勝訴となるケースもあります。

ニューヨークの主なスモール・クレームス・コート   www.courts.state.ny.us

マンハッタン/Manhattan

111 Centre Street
New York, NY 10013
Tel: 646-386-5484

クイーンズ/Queens

89-17 Sutphin Boulevard
Jamaica, NY 11435
Tel: 718-262-7123

マンハッタン(ハーレム)/Harlem

170 East 121st Street
New York, NY 10035
Tel: 212-360-4113

ブルックリン/Brooklyn

141 Livingston Street
Brooklyn, NY 11201
Tel: 347-404-9021

ブロンクス/Bronx

851 Grand Concourse
Bronx, NY 10451
Tel: 718-618-2517